アロマテラピー白書 トップアロマテラピー入門 ⇒ アロマテラピーの楽しみ方

アロマテラピーの楽しみ方

アロマテラピーとひとくちに言っても、実は色々な楽しみ方があるんです。始めたばかりの人でも簡単に出来るアロマテラピーから、ちょっと上級者向けのものまで、様々な楽しみ方をご紹介していきます。


芳香浴

アロマテラピーを楽しむ上で、最も簡単でポピュラーな方法です。
香りを拡散して、香りを楽しむことによって心と身体のバランスを整える効果があります。

 ●ティッシュペーパーやハンカチを使って・・・
  お好きな精油を1-2滴つけて、枕元やデスクに置いたり、持ち歩くと外出先でも香りを楽しめます。
  <注>濃い色の精油を使用の際は、ハンカチなどに染みができる事があります。

 ●蒸気を使って・・・
  洗面器やマグカップなどに熱湯をはり、お好きな精油1-2滴を入れると蒸気と共に香りが広がります。
  ちょっとしたリフレッシュに最適!

 ●専用器具を使って・・・
  アロマポットやアロマライトアロマディフューザーなど、専門店や雑貨店で最近かわいいものがたくさん売り出されています。
  電気を使う物やキャンドルを使う物などがあり、精油を熱するのでより香りが広がります。

  精油1-5滴程度が芳香浴を楽しむのに最適な分量です。
  過度に使用しても香りがきつくなり過ぎたり、逆に気分を悪くしてしまうことがありますので注意しましょう。

 ●アロマスプレーを使って・・・
  お好きな精油でアロマスプレーを作るのも、一種の芳香浴です。1本作っておけば、いろんな場所や場面で気軽に楽しめますよ。
  例えば、気分転換のためのリフレッシュスプレーや、お部屋のにおいが気になったときの消臭スプレーなどがあります。
  
   ⇒詳しい作り方は、「手作りアロマ」のページをご覧下さい♪


 ☆芳香浴をする上での注意事項☆

  *精油の濃度について
   精油をたくさん、たっぷり使うと効果がありそうですが、これは間違いです!
   逆に、精油によっては気分が悪くなったりする場合もあるので気をつけてください。
  
    精油使用の目安 ・・・1-5滴以下
                (通常は3滴くらいがおすすめです。お部屋の広さなどで調整してください。)

  *火を使って芳香浴を楽しむ場合は、その場から離れない、風向きや空焚きなどに注意してください。
  *子どもやペットの手の届かない場所に置いて使用してください。


入浴

精油を湯船や洗面器などに入れて、香りを楽しみながら心身共にリラックスできる楽しみ方です。
鼻から吸い込んだ芳香成分が脳や肺に伝わるのと同時に、皮膚からも吸収されて全身を循環するので高い効果が得られます。

●全身浴・半身浴
 お好きな精油を1-3滴ほど入れて、38-40℃くらいのぬるめのお湯に30-40分ほどゆっくり浸かるのが効果的。
 全身のリラックスにおすすめです!

●部分浴
 身体の一部だけをお湯に浸す部分浴は、目的に合わせて手軽にできるのがメリット!
 それぞれ、精油は1-3滴ほど使用してください。

 手浴・・・洗面器やバケツに40℃くらいのお湯を用意して、15分ほど手首から先の部分を浸けて温めます。
      「肩こり」や「手先の冷え」に効果が期待できます。

 足浴・・・手浴同様に、40℃くらいのお湯を用意して、15分ほどふくらはぎから先の部分を浸けて温めます。
      「冷え」や「むくみ」、立ち仕事などでの「足の疲れ」に効果が期待できます。

 座浴・・・湯船か大きめのおけに38℃くらいのぬるめのお湯を10cmほど用意して、5-10分ほど下半身だけ浸けて温めます。
      「便秘」や「月経不順」など女性特有のお悩みに効果が期待できます。


湿布

湿布を利用したアロマテラピーを2種類紹介します。いずれの方法も精油が直接肌につくことがあるので、肌に違和感を感じる場合は中止してください。

●温湿布
 精油1-2滴を落としたお湯に、タオルを表面に浮いている精油をすくうようにして浸してよく絞ります。
 タオルを症状が出ている場所にのせ、冷めた場合はもう一度タオルを浸して2-3回繰り返します。

 温湿布は、慢性の痛みや腹部の痛みに効果的です!
 筋肉は温めると緩むのでリラックス効果もありますよ。
 肩こり・腰痛・目の疲れ・生理痛・PMSなどに。

●冷湿布
 精油1-2滴を落とした冷水に、タオルを表面に浮いている精油をすくうようにして浸してよく絞ります。
 タオルを症状が出ている場所にのせ、温かくなった場合はもう一度タオルを浸して2-3回繰り返します。

 冷湿布は、急性の痛みや炎症を鎮めるときに効果的です!
 発熱・頭痛・筋肉痛・打ち身・日焼けなどに。


アロマ石鹸

準備中


マッサージ

準備中


スキンケア

準備中


■アロマテラピーの楽しみ方がわかったところで、次はアロマテラピーには欠かせないアロマオイルの特徴を見ていきましょう。

このボックス(mainbox)は独立して複数作る事ができます。


アロマテラピー入門

アロマオイルの効果・効能

自分で作ろう!アロマグッズ

アロマテラピー体験講座

おすすめアイテム

サイト運営者のごあいさつ

アロマが好きすぎてAEAJアロマテラピーインストラクターの資格を取得しちゃったサイト運営者のヒロです。資格取得で学んだ知識をご紹介しながら、快適なリラックスタイムをご提案いたします。ちなみに私のお腹には5ヶ月になるbabyがいます!妊婦さんにもお役に立てると嬉しいです。

QLOOKアクセス解析