アロマテラピー白書 トップアロマオイルの効果・効能 ⇒ フランキンセンスの効果・効能

フランキンセンスの効果・効能

<ワンポイント> 樹脂系、初心者向き
<学名> Boswellia thurifera
<科名> カンラン科
<精油を抽出する部分> 樹脂
<抽出方法> 水蒸気蒸留法
<揮発度> ベースノート
<香りの強さ> 中
<おもな産地> エピオピア、イラン、レバノン、ソマリア etc


フランキンセンスとは、ソマリア原産の常緑中低木です。乾燥地に生育しています。成長すると高さ10mほどになり、横に枝を広げていきます。フランキンセンスという名前は、中世のフランス語で「本当に香り」という意味に由来しています。また、別名の「オリバナム」は「白い」という意味の言葉が語源とされています。

樹脂系の香りで、日本のお香のような香り。ウッディーな中にほのかなレモンのようなスパイシーな香りがします。

<主な成分> α-ピネン、β-ピネン、リモネン、シメン、パラシメン、β-カリオフィレン、ボルネオール

フランキンセンスの効能

準備中

フランキンセンスを使ったおすすめのアロマテラピー

準備中

フランキンセンスの注意事項

準備中

このボックス(mainbox)は独立して複数作る事ができます。


アロマテラピー入門

アロマオイルの効果・効能

自分で作ってみよう!

アロマテラピー体験講座

おすすめアイテム

サイト運営者のごあいさつ

アロマが好きすぎてAEAJアロマテラピーインストラクターの資格を取得しちゃったサイト運営者のヒロです。資格取得で学んだ知識をご紹介しながら、快適なリラックスタイムをご提案いたします。ちなみに私のお腹には5ヶ月になるbabyがいます!妊婦さんにもお役に立てると嬉しいです。

QLOOKアクセス解析